物的損害の代車使用料について

事故により車両の修理又は買替えのために代車を使用する必要性があり、レンタカー使用等により実際に代車を利用した場合、相当な修理期間又は買替期間につき,相当額の単価を基準として代車使用料を損害と認めます。

被害者が他に車両を保有しているなど代車使用の必要性がない場合は認められません。

また、対物賠償保険に加入している場合には、事故車の修理業者と保険会社との間で、修理方法・内容等について協議し、協定を結んだ上で修理をするのが一般的であるため、この交渉期間を含めて相当な修理期間を判断することになります。

後遺障害の等級認定を事故直後から徹底サポート
0120-066-435
  • メール受付
  • ご相談の流れ